インプラント

こんにちは☆歯科衛生士の松本です(^^)

先日認定インプラント衛生士という資格を取得しました。

今までよりもっと詳しくインプラントについての知識やメンテナンス方法について学びましたのでインプラントをしたいとお考えの患者さんやもうすでにインプラント治療をしている患者さんに安心して治療、メンテナンスをうけていただけると思います☆

IMG_6422

そもそもインプラントって一体何なのでしょうか。

本日はその話をしたいと思います!

☆インプラント治療ってどのような治療なの?

虫歯や歯周病、外傷によって歯を失うことがあります。

そのような歯が無い部位の

顎の骨にインプラントを埋め

そのインプラントに歯を付ける治療方法が

インプラント治療です。

インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から

全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

☆インプラントの材料は何?

咬合力に耐えられる強度があり

生体親和性が高く、骨との結合することから

現在インプラント材料としては

主にチタンあるいはチタン合金が使用されています。

インプラントと骨との結合を促進する目的で

インプラント表面を様々に改変したインプラントが多く用いられています。

☆インプラント治療の利点は何?

義歯をしっかりと固定できることです。

インプラント治療においては

残っている歯を削ったり

残っている歯に義歯を安定させるための装置を

付けたりすることはしません。

残っている歯に負担をかけずに

治療をおこなうことができることも

インプラント治療の利点です。

☆インプラント治療の欠点はあるの?

インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため

・全身状態が良くない場合には適用が難しいこと

・治療期間が長いこと

・保険適用外のため治療費が高額であることが挙げられます

☆インプラント治療は誰でも受けることができるの?

高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患

喘息等の呼吸器系疾患

糖尿病や骨粗鬆症等の疾患

腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要です。

また歯列不正や口腔内の状態によりインプラント治療をやらないほうが良い場合もあります。

歯周病の患者さんや喫煙される患者さんにおいては

治療後のインプラントの寿命が低くなる可能性があります。

歯周病が重度の場合は歯周病の治療を優先しておこない

喫煙されている場合は減煙あるいは禁煙してから

インプラント治療を受けることをお勧めします。

☆インプラント治療の治療期間はどのくらい?

個々の症例によって異なります。

顎の骨にインプラントを埋めてから

インプラントに骨が結合するためには

一定の期間が必要であり

どのくらいかかるかはインプラントを埋めた部位の

骨の状態に大きく影響されます。

インプラント治療を受ける前には

治療期間についても

しっかりと確認してから治療を受けるようにしてください。

☆インプラント治療は痛くないの?

インプラント埋入手術の際には

歯を抜いたり歯を削ったりする時に使用する

局所麻酔を使用します。

したがって、手術中に痛みを感じることはありません。

しかし、麻酔効果は一定時間しか持続しませんので

手術後には痛み止めを服用していただきます。

術後の痛みは症例によって異なりますし

痛みの感じ方の個人差もありますが

通常の場合、痛みどめを数回服用する程度で

痛みは次第に治まるケースが多いです

☆インプラント治療後は歯医者に行かなくていいの?

治療後の良好な状態を長期維持するためには

定期的なメインテナンスが極めて重要です。

インプラント治療後に起きる問題を未然に防止するため

あるいは問題が起きても早期に解決するためには

定期的なメインテナンスが重要であることをご理解ください。

このように、インプラントのメリットとしては

ブリッジのように、健康な歯を削る必要ない。

 (健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなるので

 これは非常に大きなメリットです)

見た目が良い。

ものを噛み砕く能力が最も高い。

違和感が少なく

 自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。

といったことが挙げられます。

当院ではインプラントが必要な患者さんには

インプラントや他の治療の説明、提案を致します。

その上で患者さん自身にどうするかを決めていただいております。

入れ歯やブリッジの治療では

その時はまだ若くてご飯もしっかり噛めていても

他の歯にどんどん負担がかかり、負担に耐え切れず抜けてしまい

10年、20年先、全部の歯が

なくなってしまっているかもしれません。

入れ歯が1本しか入っていなかった方も

時と共にどんどん抜けて総入れ歯になっていくのです。

70、80歳になって

「入れ歯ではしっかり噛めない。

ご飯が美味しくない」

となっても

入れ歯を入れることによる圧迫感で顎の骨がどんどん弱り

骨が弱っている方はインプラントができないのです。

まだ骨がしっかりあるうちに、入れ歯がまだ1本であるうちに

これから生涯の事を考えて

インプラントを埋入するべきであると当院は考えております。

相談はいつでも受付てますので話だけでも聞いてみませんか?(^^)