顎関節症の治療について

こんにちは、歯科衛生士の早川です。
暑い日が続いたかと思えば、大雨が降ったり
不安定なお天気が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしですか。
夏はまだまだ続きますが、栄養補給、水分補給を
して夏を乗りきっていきましょう‼

さて、前回は顎関節症についてご説明をさせて頂きました。
今回はその治療法についてご説明していきます。

顎関節症の治療は
診断内容や治療に対する反応により多少変わります。

そしてまず、大切なのは
ご自身で十分注意するということが改善の第一歩です。
最近は、歯牙接触癖という言葉もでてきましたが、
ご自身の生活の中でアゴに負担のかかる癖などはないか
自覚がある場合は、出来るだけその癖をしないように
心がけることも必要です。

治療に関しては
スプリント治療法
咬合治療法
などがあります。

スプリント治療法
プラスチックでできた装置(スプリント)をもちいて
アゴの位置を安定させ、筋肉をリラックスさせる目的。

全ての歯をプラスチックでできた装置で覆い、
それらが均等に接触するように作り、
アゴの負担を軽減します。
就寝時に装着して頂くのが、通常ですが
日中くいしばり等を自覚されるかたは
その都度、付けていただいても構いません。

咬合治療法
アゴの位置を支え安定性を得るために
噛み合わせを調整する事もあります。
ただし、1度削った歯は
元には戻せませんので、
歯を削らずに済む他の方法を優先してみましょう。

アゴに違和感、くいしばり等がある場合は
お気軽に当医院にご相談ください。
お待ちしております。