虫歯じゃないけど、放置はあぶない?

こんにちはわ歯科衛生士の早川です。

痛くはないけれど歯がしみる。。歯磨きの時、冷たいお水など

もしかしたら知覚過敏かもしれません!

 

なぜ歯がしみるのか。

歯がしみるのは、歯の神経に刺激が加わるから

神経は象牙質に覆われており、歯肉から上の部分をエナメル質、

歯肉に守られています。その下には象牙質があります。

何らかの原因で本来、歯肉に覆われている

象牙質が露出すると神経に刺激が加わり、しみてしまいます。

 

 

 

どうして象牙質が露出するの?

原因は様々ですが

例えば、、、

歯ぎしりや食いしばりで歯の表面を覆っているエナメル質が欠けてしまったり、

 

強すぎる歯ブラシの力によって歯肉が下がってしまったり、


 

歯周病によって歯肉が下がる事も考えられます。

 

いずれにせよ

そのまま放置せず症状がある場合は

必ず歯科医院にいらしてください。

何かございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

唾液について

こんにちは、歯科医師の方倉です。

2017年も末にさしかかりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回は唾液の役割について少しお話しします。

唾液は消化を助けたり保湿効果、発声しやすくしてくれます。また、溶け出した歯の再石灰化を促したり、最近の繁殖を抑えるといったような役割もあります。
寒くなってきて乾燥する時期になりましたので口が渇くこともあると思います。
口が渇くと菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因となります。

舌先で頬を内側から押す
口を閉じて頬を目一杯膨らます
大きく口を開けて舌を前下方向にしっかり伸ばす

というような動作をすると唾液が出ますので、試してみてください^_^