ネット予約 24時間受付中 03-6279-6887 予約専用 MENU

ブログ

Blog

2022/07/01 [ インプラント治療, 歯周病治療 ]

インプラント治療と歯周病の関係

歯を失った際、今までの治療方法にはブリッジや入れ歯がありました。しかし、近年では天然の歯のような見た目でしっかり噛めるインプラント治療が注目を浴びています。このインプラント治療と切っても切れない関係にあるのが歯周病です。インプラント治療と歯周病にはどのような関係があるのでしょうか。

インプラント治療と歯周病の関係


歯周病とは、細菌感染によって歯ぐきに炎症を起こし、進行すると歯を支える骨が溶けてしまう病気のことです。歯周病が最後まで進行すると、骨が歯を支えることができなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

一方インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、そこに被せ物を入れる治療方法です。しかし、インプラントが細菌感染してしまうと、歯ぐきが炎症を起こしてインプラントが露出していき、歯周病と同じように骨が溶けて抜け落ちてしまうことがあります。そのため、インプラント治療にとって歯周病は天敵のような病気なのです。

インプラント治療の前は歯周病治療が大切


インプラント治療を受けても歯周病によって失われてしまったら治療にかけた時間や費用が無駄になってしまいます。インプラントはむし歯になりませんが、天然の歯よりも歯周病になりやすいと言われています。

その理由は「歯根膜(しこんまく)の有無」です。歯根膜とは歯の根っこと歯を支えている骨の間にある組織のことで、噛んだときの衝撃を吸収したり細菌の侵入を防いだりといった役割があります。加えて、歯根膜は血管が通っており、炎症が起きても血液の中にある白血球が症状の悪化を防いでくれるのです。しかしインプラントには歯根膜がないため、天然歯と比較すると抵抗力が低くなります。そのため、インプラント治療を受ける人が歯周病に罹患している場合は、先に歯周病治療を行なってからインプラント治療を進めていきます。

インプラント治療後はメインテナンスが重要

インプラントを守るためには、治療後のメインテナンスが重要です。インプラント治療前に歯周病治療を行なっても、メインテナンスを怠ると細菌感染するリスクは高まります。また、インプラントは神経が通っていないため、痛みや違和感を覚えることが少なく、気づいたら症状が進行してしまっていることも少なくありません。

毎日の歯磨きを丁寧に行うのはもちろん、歯科医院での定期的なメインテナンスは必ず受けるようにしましょう。なお、歯科医院では以下のようなメインテナンスを行うことが一般的です。

・噛み合わせの確認
・歯石除去
・バイオフィルムの除去
・歯磨き指導

インプラント治療を安心して受けていただくために


WHITIA南烏山is歯科ではインプラント治療の前に歯周病が進行していないかを確認し、問題があれば必ず治療を行います。また、インプラントを長持ちさせるためにも歯ブラシやデンタルフロスの選び方や使い方から、プロフェッショナルによるクリーニングまで、一人ひとりのお口の中の状態に応じたアフターケアを行っています。WHITIA南烏山is歯科でインプラント治療を受ける方は安心してください。また治療を受ける歯科医院を選ぶ際は、歯周病の治療や予防について、しっかりと取り組んでくれる歯科医院を選びましょう。

医療法人MIC
医療法人MIC
WHITIA南烏山is歯科
診療時間
09:00 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00
14:00~17:00
休診
休診日 : 祝日・夏季・年末年始
※学会出席などで休診になる場合がございます
診療科目
歯科 ・小児歯科 ・矯正歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・美容歯科・歯周病治療・口腔外科

〒157-0062世田谷区南烏山6丁目4-26 烏山第2倉林ビル302

千歳烏山駅 西口北から徒歩2分

気軽にフォローしてください!

デンタルクリニックWHITIA