ネット予約 24時間受付中 03-6279-6887 予約専用 MENU

ブログ

Blog

2022/07/29 [ 予防歯科 ]

国民皆歯科健診とは?併せて歯科検診と歯科健診の違いについて解説

政府は全国民に、毎年の歯科健診を受けてもらう「国民皆歯科健診」の導入に向けて検討する方針をまとめたことが話題になっています。WHITIA南烏山is歯科に通院している患者様の中には、「歯科検診」を受けている方もいます。しかし、「検診」と「健診」は読み方が同じでも意味が違うものだということはご存じでしたか?

そこで今回は、「歯科検診」と「歯科健診」の違い、「国民皆歯科健診」についてご紹介します。

そもそも歯科検診・歯科健診とは


まずは、「検診」と「健診」の違いについて解説します。

「歯科検診」とは、むし歯や歯周病などになっていないか早期発見することを目的としています。必要に応じてレントゲン撮影を行い、細部までチェックすることもあります。また、歯磨きでは落としきれない汚れや歯石をクリーニングで除去します。

一方、「歯科健診」とは、歯の健康状態を調べることを目的として行われる検査のことです。一般的に定期健診や1歳6ヶ月健診・3歳児健診・学校歯科健康診断・自治体で行われる40歳、50歳、60歳、70歳の歯周疾患健診特定健康診査といった特定健診のことを指します。歯の健康状態を調べて、むし歯や歯周病にならないためのアドバイスなど行います。

つまり、「歯科検診」はむし歯や歯周病など早期発見するための検査で、「歯科健診」は歯が健康であるかのチェックと言えます。

国民皆歯科健診とは


2022年6月、政府が公表した「経済財政運営と改革の基本方針2022 」いわゆる「骨太の方針」の中に、「国民皆歯科健診」の導入を検討する方針が大きな話題を呼びました。目的は健康の増進・健康寿命の延伸で、健康な人が増えることで医療費の削減を目指しています。

では、なぜ歯科健診をすると医療費の削減につながるのでしょうか。実は、お口の健康は全身の健康と関係があります。たとえば、歯周病は以下の病気と関係していることがわかっています。

・誤嚥性肺炎
・糖尿病
・心臓病
・脳梗塞
・早産

歯周病を予防することで上記の病気も予防できる可能性があり、結果的に医療費の削減が期待されるのです。しかし、国民皆歯科健診を実施するためには、お口の健康が全身の健康に関係していることについて、多くの国民に理解してもらう必要があります。

また、現段階ではどのように行っていくのか、全国民に義務付けるのかなどほとんど決まっていません。日本歯科医師会によると国民皆歯科健診の開始時期は、3~5年後をめどに制度化される可能性があります。

国民皆歯科健診はまだ先の話ですが、歯科検診はいつでも受診することができます。ご自身の歯の健康を守るためにも、制度が始まる前に定期的な検診にぜひご来院ください。

医療法人MIC
医療法人MIC
WHITIA南烏山is歯科
診療時間
09:00 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00
14:00~17:00
休診
休診日 : 祝日・夏季・年末年始
※学会出席などで休診になる場合がございます
診療科目
歯科 ・小児歯科 ・矯正歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・美容歯科・歯周病治療・口腔外科

〒157-0062世田谷区南烏山6丁目4-26 烏山第2倉林ビル302

千歳烏山駅 西口北から徒歩2分

気軽にフォローしてください!

デンタルクリニックWHITIA