真夏日

毎日暑い日が続いていますが皆様
夏バテや熱中症にはなっていませんか?(>_<)
私は熱中症対策として毎日麦茶と塩タブレットとビタミンCを摂取しています。
猛暑日はまだ続きますので水分塩分補給やエアコンをうまく活用して乗り越えていきましょう💦

 

私事ですが先日お休みをいただきプチ旅行に行ってきました。
たくさんの自然に触れてリフレッシュできたので今年残りの後半戦もがんばります🌿

 

当院では冷たいお水をご用意しておりますのでご来院の際は是非涼まれて下さいね。

小柳

矯正日のお知らせ🌻

7月
7日(土) 9時~12時30分
18日(水) 16時~19時

8月
4日(土)9時~12時30分
22日(水) 16時~19時

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

古い歯ブラシ使ってませんか?

こんにちは。歯科衛生士の松本です。

今回は古い歯ブラシを使い続けることで起こる
リスクについてお話しします!

☆細菌が増殖する

口の中というのは私たちが思っている以上に汚れています。
歯ブラシを使用した後に丁寧に水洗いし、適切な方法で保管していたとしても、ヘッド部分には徐々に汚れがたまっていってしまうものです。

やがて歯ブラシが細菌の温床になってしまい、せっかく歯を清潔に保とうと思って磨いていても逆効果になりかねません。

出来るだけ長くキレイな歯ブラシを使う為には…

☆使った後はきちんと洗う

歯を磨いた後の歯ブラシは

流水下の少し強めの水で全体を洗った後、

ヘッド部分の毛先を指で重点的に洗うように

すると良いです。

軽く水で洗い流して終わりという方も

いらっしゃると思いますが、

使った後の歯ブラシの毛先には食べカスなどの汚れ、

そして歯磨き粉が残ってしまっています。

これらをきちんと洗い流さないと細菌が

繁殖しやすくなってしまう為、歯ブラシを片付ける前に

毛先に汚れが残っていないか?

しっかりチェックするようにしましょう。

☆しっかり乾かして保管する

歯ブラシの毛先に水分が残った状態で保管すると、

細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

そのため洗った歯ブラシはしっかりと水を切り、

風通しの良い場所でヘッド部分を上に向けて

保管するようにしましょう。

そして
携帯用のケースなどに保管する場合は、

特に!水分を残さないように注意が必要です。

ケースにしまう前にティッシュペーパーなどで

水分をしっかり拭き取ってからの保管が

オススメです!!

乾燥した状態で歯ブラシを保管することが

とても大切になります。

キレイな歯ブラシで口のなかをキレイにしましょう!