唾液のちから

こんにちは☆

早いもので、11月となりました。

今月中はしばらく

日中暖かい日が続くようで、

秋が大好きな早川はとても嬉しいです♪

 

 

さて、

今日は唾液についてのお話です。

普段あまり意識をしたことがないかもしれませんが

1日1000ml~1500ml分泌されています。

そして実はとても良い働きをしているんです🌟

 

 

唾液のちからとは…

⒈消化作用

消化酵素がご飯やパンなどのデンプンを糖に分解する作用

⒉歯の保護・湿潤作用

お口の中を潤して、傷が出来ないように守ります。噛んだり、飲み込む事、発音などもスムーズにしてくれます

⒊抗菌作用

病原菌に作用して侵入を防ぎ、細菌の増殖を防ぎます

⒋緩衝作用

食事をするとお口の中が酸性になり、歯の成分が溶け出しやすくなります。唾液には酸性に傾いた環境を中性に戻す力があります

5.再石灰化作用

一度溶け出した歯の成分(カルシウム、リン)を元に戻し、歯の表面のエナメル質を修復、虫歯を防ぎます

 

6.洗浄作用

唾液によって食べ物を洗い流します

などなど。

少しあげただけでも

これだけの作用がある唾液。

 

それでは、

もし唾液がうまく出なかったらどうなるのでしょうか?

 

 

この続きはまた来月をお楽しみに✨

唾液について気になる方、

最近飲み込みづらくなった方、

量が少なくなった方は

お気軽に当医院までご連絡ください。

 

◇◆◇矯正日のお知らせ◇◆◇

 

11月
10日(土)9時~12時30分
21日(水) 16時~19時

 

 

12月
1日(土)9時~12時30分
19日(水)16時~19時

 

 

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

11月になりました!

こんにちは!歯科衛生士の松本です!

 

 

当院に来院される患者さんの

歯磨き方を見ると
力の強い方が多いように
思われますガーン
そしてその力の強さを
普通だと思っている人も(>_<)
歯磨きの力の強さなんて
人と比べることもあまりないため
分からなくても仕方ないですよね。。
目安としては歯面に歯ブラシを
当てた時に毛が広がらない程度!!
また、歯ブラシが1ヶ月以内で
広がってしまう人も要注意です
具体的にはおうちにある量りで
確認してみてください
150〜200gくらいが適切な
歯磨き圧と言われています(^^)

歯磨きの力は強すぎても

弱すぎても自分の歯を

守ることはできません

 

 

気になる方はぜひお近くの

歯医者で診てもらいましょう