ネット予約 24時間受付中 03-6279-6887 予約専用 MENU

ブログ

Blog

2021/10/18 [ 歯の知識 ]

歯を失ったときの治療方法は?

むし歯や歯周病、思わぬ事故によって歯を失ってしまうことがあります。歯を補う治療にはどのような方法があるか知らない方も多いです。それぞれの治療にはメリット・デメリットがあり、予備知識として治療方法を知っておくことは大切なことです。今回は歯を失ったときの治療方法と併せて選び方のポイントを紹介します。

歯を失ったときの治療方法


歯を失ったときに補うためには以下のような治療方法が挙げられます。

・ブリッジ
・インプラント
・入れ歯

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、それらに橋をかけるように被せ物をする治療方法です。素材により保険適用するものと自由診療のものがあります。前者では銀歯になるため目立ちやすいですが、費用を抑えられるメリットがあります。後者ではセラミックなどの白い被せ物をするため、お口を大きく開けても目立ちにくいです。ただ自由診療になるため費用は高額になります。どちらも固定式のため違和感も少なく、しっかり噛むことができます。

インプラント

失った歯の顎の骨に「インプラント体」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療方法です。インプラント治療の最大のメリットは自分の歯のように噛むことができ、なおかつ審美性に優れていることです。ただ保険適用にならないため費用は高額になることと、手術を必要とするため少なくとも心身に負担を与えてしまうことがデメリットとして挙げられます。

入れ歯

入れ歯はブリッジやインプラントができない症例でも失った歯を補うことができます。入れ歯のメリットは取り外しができるため常に清潔に保つことが可能です。ただ慣れるまでは噛みにくかったり、ブリッジやインプラントと比較すると審美性は劣ってしまったりすることがデメリットとして挙げられます。

治療を選択するときのポイント


上記では歯を失ったときの治療方法について解説しました。ただ実際に治療を選択するとなると迷う方もいるでしょう。治療で後悔しないためにも選択するときのポイントを解説します。

・ご自身でも情報収集をする
・納得するまで歯科医師に相談する
・治療方法をよく比較する

ご自身でも情報収集をする

治療を勧められてもよくわからなかったり治療に対して不安を持ったりすることはあるでしょう。その場合はご自身でも情報収集をすることをおすすめします。なぜなら治療に関心がないと納得した治療は受けられないためです。情報収集の方法にはインターネット検索が挙げられますが、その場合は信頼できるサイトを閲覧するようにしましょう。なお担当の歯科医師から十分な説明を受けることも良い方法と言えます。

納得するまで歯科医師に相談する

治療で迷ったり不安があったりする場合は、遠慮せずに歯科医師に相談しましょう。これは患者様が後悔しないためにも大切なことです。例えば「インプラントはよくわからない治療だからブリッジを選択したけれども、後になってインプラントにすれば良かった」ということがあります。このような場合ブリッジのために削ってしまった歯は元には戻りません。後悔しないためにも、わからないことは質問し、納得したうえで治療の選択をしましょう。

治療方法をよく比較する

先述で歯を失ったときの治療方法にはブリッジ・インプラント・入れ歯があると解説しました。どの治療方法にもメリット・デメリットはあり、費用や治療期間もそれぞれ異なります。これらの治療方法をよく比較し、検討することで適切な治療方法の選択ができるでしょう。

当医院のインプラント治療の位置づけ


インプラント治療は歯を補う治療方法の一つです。自分の歯のように噛めるメリットがあるため選ばれることが多い治療方法でもあります。一方で、保険が適用しない自由診療のため高額な治療になりがちです。そのため一部の歯科医院では強引にインプラントを勧めてくることも。南烏山IS歯科クリニックでは患者様の利益になると判断した場合にインプラント治療を勧めています。歯を失って治療方法の選択に悩まれている方はお気軽にご相談ください。

医療法人MIC
医療法人MIC
WHITIA南烏山is歯科
診療時間
09:00 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00
14:00~17:00
休診
休診日 : 祝日・夏季・年末年始
※学会出席などで休診になる場合がございます
診療科目
歯科 ・小児歯科 ・矯正歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・美容歯科・歯周病治療・口腔外科・スポーツマウスピース

〒157-0062世田谷区南烏山6丁目4-26 烏山第2倉林ビル3階

千歳烏山駅 西口北から徒歩2分

デンタルクリニックWHITIA