ネット予約 24時間受付中 03-6279-6887 予約専用 MENU

ブログ

Blog

2021/10/18 [ 歯の知識, 虫歯治療 ]

コンポジットレジンとは?

小さなむし歯治療ではよく「コンポジットレジン修復」と呼ばれる方法で詰め物をすることがあります。この治療方法は保険治療で天然歯と同じような色で修復することが可能です。今回は「コンポジットレジン」について詳しく解説します。

コンポジットレジンとは


コンポジットレジンとはプラスチックとセラミックの粒子(フィラー)が混ざった素材の詰め物のことです。略称では「CR」とも呼ばれており、さまざまな症例に適用するため歯科医院ではよく用いられています。

コンポジットレジンの適応症例

コンポジットレジンには以下の症例によく使用されています。

・小さなむし歯治療
・変色した歯の修復
・歯の形態修正
・審美性の回復

小さなむし歯治療によく用いられますが、欠けたり変色したりした歯の修復をすることが可能です。また金属の部分をコンポジットレジンに置き換えたり咬耗した歯を修復したりとさまざまな症例に使用することができます。

メリット

コンポジットレジンには以下のようなメリットが挙げられます。

・保険適用のため安価
・金属アレルギーの心配がない
・審美性が良い
・治療時間が短い

コンポジットレジンは保険適用になるため安価で治療を受けることができます。なお当日に充填することができるため他の治療と比較しても、短い時間や治療回数も少ない傾向にあります。またコンポジットレジンは白い詰め物のため審美性が良く、天然の歯と同じような色調にすることが可能です。もちろん金属は使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

デメリット

コンポジットレジンには以下のようなデメリットが挙げられます。

・変色することがある
・欠けたり割れたりすることがある
・使用できない症例がある

コンポジットレジンにはプラスチックが含まれているため長く使用すると変色することがあります。また金属やセラミックと比較すると強度がやや劣るため欠けたり割れたりすることも。そのためむし歯が大きいところには適用せず、この場合はセラミックや銀歯の詰め物で修復する必要があります。

コンポジットレジンの治療の流れ


ここでは治療方法の流れについて紹介します。コンポジットレジンの治療は以下のような流れで治療することが多いです。

①検査
②古い修復物やむし歯の除去
③接着剤の塗布などの歯面処理
④コンポジットレジンの充填
⑤光照射
⑥形態修正

①検査

はじめにレントゲン撮影を行い、お口の中の状態を確認し、治療計画を立てます。

②古い修復物やむし歯の除去

古い修復物がある場合はそれを丁寧に除去し、むし歯の場合はむし歯のところだけ取り除いていきます。

③接着剤の塗布などの歯面処理

除去が終えたら、歯とコンポジットレジンを付けるために歯面処理を行います。これはエッチングによる酸処理と接着剤の塗布など歯の状態に合わせて行うことが多いです。

④コンポジットレジンの充填

歯の色に合わせて適切なコンポジットレジンを充填します。この際に空気が入ってしまうと精度が劣ってしまうため慎重に行います。

⑤光照射

充填後は特殊な光でコンポジットレジンを固めます。充填した深さにもよりますが、3~10秒ほど光を当てることが多いです。

⑥形態修正

コンポジットレジンでは少し高めに充填しているため噛み合わせの調整を慎重に行い、形態を整えて最後は研磨して仕上げます。

最後に

コンポジットレジンは以前よりも耐久性や強度といった性能が向上しており、適用症例の幅も広くなりました。ただ症例により適用しない可能性もあります。コンポジットレジン修復が適用するかどうかは歯科医師による診査・診断が必要です。コンポジットレジンが気になる方は南烏山IS歯科クリニックにご相談下さい。

医療法人MIC
医療法人MIC
WHITIA南烏山is歯科
診療時間
09:00 ~ 13:00
14:30 ~ 19:00
14:00~17:00
休診
休診日 : 祝日・夏季・年末年始
※学会出席などで休診になる場合がございます
診療科目
歯科 ・小児歯科 ・矯正歯科・予防歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・美容歯科・歯周病治療・口腔外科・スポーツマウスピース

〒157-0062世田谷区南烏山6丁目4-26 烏山第2倉林ビル3階

千歳烏山駅 西口北から徒歩2分

デンタルクリニックWHITIA