1月になりました☆

こんにちは!歯科衛生士の松本です☆

『なかなか痩せないなぁ』

とお悩みのあなた!!

きちんと歯を磨いていますか?

 

 

 

 

関係ないかと思っている方も多いかと思いますが、

もしかすると口腔内のケアが疎かになっている事が原因

かもしれません

お口の中の環境が悪いと太りやすいそうです。。

 

なぜ口腔ケアしてないと

太りやすくなってしまうのでしょうか?

 

 

 

 

 

歯をしっかりと磨けていなかったり、

口腔内を綺麗にしていないと

虫歯歯周病になってしまいます
そんな状態になると、しっかりと噛まず(噛めず)に

飲み込むようになります
そうするとなかなか満腹にならずに食べ過ぎてしまい、

結果的に太ってしまうというわけです

 

そうならないために日頃からしっかり口腔ケアをし、

お口の中の環境を整えましょう♪
ハブラシだけでは落とせない汚れは歯医者さんで綺麗にしてもらうことをおすすめします

 

年末年始のお知らせ

年末年始の休診日は
12/29(火)〜1/3(木)でごさいます。
年始は1/4(金)からとなりますので
ご予約の際はお気をつけください。

Instagramにアップしました!

歯科衛生士の平田ですみなさんは、歯ブラシ交換するタイミングはどのくらいでしょうか?歯のお手入れの定番アイテムである歯ブラシ。歯の健康を保つために欠かせないものですが、使っていくうちに劣化が進み、清掃効果も落ちていきます。古くなった歯ブラシは『適切なタイミング』で交換する必要がありますが、そのタイミングが「いつ」なのかわかりづらいかもしれませんね。なので、おすすみのタイミングを紹介させていただきます。お口の中にはたくさん菌を、小さな歯ブラシで毎日落としています。いくら洗って乾燥させても歯ブラシの毛束の根本等には菌が繁殖していきます。また毛が開いたり、コシがなくなったものは清掃効果が落ちるだけでなく、「歯や歯茎を傷つける可能性」があります!! イラストのように、歯ブラシの背中側から見て毛がはみ出ているようであれば交換、はみ出ていなくても1ヶ月で交換するようにしましょう!私は忘れないようにするために、毎月1日に交換しています。みなさんも日にちを決めて交換するのはいかがですか?#千歳烏山駅歯医者#歯医者#歯科医院#世田谷区#土日診療の歯医者#歯ブラシ#歯ブラシ交換 – from Instagram

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

当院ではInstagramで写真をアップしています。
よろしければフォローしてください!
https://www.instagram.com/isdentalclinic/
Instagramにアップしました!

セラミック素材のメリットとは?

“セラミック治療”と聞いてどんなイメージがありますか?🔎

歯を白く美しくできる審美的な治療というイメージを持たれてることが多いと思います。

銀歯は目立つから白いセラミックにします、という患者さんも多くいらっしゃいます。

もちろん見た目は白く綺麗になります!✨

今回はそれ以外にもこんな良いメリットかある事ををお伝えしていこうと思います💡

 

セラミック素材は、体に優しく劣化や変色が少ないです。

★劣化、変色しないので美しさを維持できる★

保険の前歯は表面がプラスチックのため変色しますが、セラミックは

劣化、変色、着色などがないため、年月が経っても治療後の美しさを維持できます。

★虫歯が再発しにくい★

セラミックは変形によって“歯との間に隙間を作る”ということがないので、再度虫歯になるリスクが減ります。

★歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配がない★

銀歯の場合、金属イオンが溶け出し、歯や歯ぐきを黒く変色させたり、金属アレルギーの原因になる事があります。セラミックはそのような心配がありません。

★衛生的で、口臭の原因になりにくい★

セラミックは唾液を吸収したり、傷がつかないため、細菌が繁殖しづらく、口臭の原因になりにくいのも特徴です。また、汚れや歯石が付着しにくく衛生的です。

 


歯医者さんでセラミック治療を勧める1番の理由は、見た目の美しさはもちろんですが

“歯を長持ちさせ、健康面にも良い”というメリットがあるからなんです。
体も歯も健康が一番ですからね☆

高野

矯正日のお知らせ🎄

12月
1日(土)9時~12時30分
19日(水) 16時~19時

1月
12日(土)9時~12時30分
23日(水)16時~19時

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

お口の渇きを感じたら

こんにちは!歯科衛生士の早川です。

早いもので今年もあと少し。

今年は例年よりも暖かい冬になりそうですね❄︎

 

前回は、唾液の優れた力についてお話ししてきましたが、

今回は、唾液が不足する原因や増やし方について説明していきます。

 

さて、唾液が減るとどうなるのでしょうか?

お口の中が渇く

話づらい

食べづらい

飲み込みづらい

虫歯や歯周病になりやすく、口内炎も出来やすい

味覚を感じづらい

口臭が強くなるのも特徴のです。

 

女性の割合が多く、特に40代後半以降の方が8割を占めています。

 

唾液が減る原因は

薬による副作用

ストレス

頭部癌などの放射線治療後の唾液腺損傷による

自律神経の伝わりの悪さ

閉経により女性ホルモンのバランスが崩れること

シェーグレン症候群などの病気によるもの

唾液線の回りは筋肉なので、

筋力の低下によって唾液の量も

少なくなります。

 

増やす方法は

自律神経のバランスを整えることや

唾液の出やすい食べ物を摂るように心がける

(シュガーレスのガムがおすすめ)

口呼吸をやめる

薬を変える

唾液線を刺激するための

マッサージも効果的です。

 

お口の渇き、飲み込みなど少しでも気になる方は

是非お気軽に当医院にお問い合わせください。

12月になりました!

こんにちは!歯科衛生士の松本です!

クリーニングのあと

患者さんが自分の歯を舌で触って
ツルツルになっている(^^)
と驚かれることがあります
機械を使って歯を磨いているので
よりツルツルピカピカには
なるのですが
歯の表面は本来滑らかで
ツルッとしています
もし今あなたが歯を舌で触って
ザラザラしていると感じれば
そこには歯石や歯垢が
あるかもしれません(>_<)
試しにザラザラしている箇所を
重点的に歯ブラシで磨いてみて下さい
舌触りが変わった場合は
きっと歯垢が残っていたのでしょう
次回からはツルツルに
感じられるまで磨きましょう!
磨いても変わらない場合は
既に歯ブラシでは取れない
歯石になっているかもしれません(>_<)
また、虫歯も穴が開く前は
歯の表面がとけてザラザラに
感じることがあります
磨いても磨いてもザラザラ感が
残る場合は歯医者さんで
診てもらいましょう
今年の汚れは今年のうちに落としましょう!

唾液のちから

こんにちは☆

早いもので、11月となりました。

今月中はしばらく

日中暖かい日が続くようで、

秋が大好きな早川はとても嬉しいです♪

 

 

さて、

今日は唾液についてのお話です。

普段あまり意識をしたことがないかもしれませんが

1日1000ml~1500ml分泌されています。

そして実はとても良い働きをしているんです🌟

 

 

唾液のちからとは…

⒈消化作用

消化酵素がご飯やパンなどのデンプンを糖に分解する作用

⒉歯の保護・湿潤作用

お口の中を潤して、傷が出来ないように守ります。噛んだり、飲み込む事、発音などもスムーズにしてくれます

⒊抗菌作用

病原菌に作用して侵入を防ぎ、細菌の増殖を防ぎます

⒋緩衝作用

食事をするとお口の中が酸性になり、歯の成分が溶け出しやすくなります。唾液には酸性に傾いた環境を中性に戻す力があります

5.再石灰化作用

一度溶け出した歯の成分(カルシウム、リン)を元に戻し、歯の表面のエナメル質を修復、虫歯を防ぎます

 

6.洗浄作用

唾液によって食べ物を洗い流します

などなど。

少しあげただけでも

これだけの作用がある唾液。

 

それでは、

もし唾液がうまく出なかったらどうなるのでしょうか?

 

 

この続きはまた来月をお楽しみに✨

唾液について気になる方、

最近飲み込みづらくなった方、

量が少なくなった方は

お気軽に当医院までご連絡ください。

 

◇◆◇矯正日のお知らせ◇◆◇

 

11月
10日(土)9時~12時30分
21日(水) 16時~19時

 

 

12月
1日(土)9時~12時30分
19日(水)16時~19時

 

 

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

11月になりました!

こんにちは!歯科衛生士の松本です!

 

 

当院に来院される患者さんの

歯磨き方を見ると
力の強い方が多いように
思われますガーン
そしてその力の強さを
普通だと思っている人も(>_<)
歯磨きの力の強さなんて
人と比べることもあまりないため
分からなくても仕方ないですよね。。
目安としては歯面に歯ブラシを
当てた時に毛が広がらない程度!!
また、歯ブラシが1ヶ月以内で
広がってしまう人も要注意です
具体的にはおうちにある量りで
確認してみてください
150〜200gくらいが適切な
歯磨き圧と言われています(^^)

歯磨きの力は強すぎても

弱すぎても自分の歯を

守ることはできません

 

 

気になる方はぜひお近くの

歯医者で診てもらいましょう