着色の付きやすい方必見!

こんにちは!歯科衛生士の早川です。

早いもので、もう2月も終わろうとしていますね。
インフルエンザも大流行中です。
うがい、手荒いをしっかりとして
予防していきましょう✨

さて
皆様、歯磨きをしている時はどこで
磨いていますか?
患者様には、出来るだけ鏡の前で磨いてくださいと
ご指導させて頂いております。

お口の中をよーく見てみると、
歯ブラシでは落ちづらい茶色い汚れが付いている事にお気づきになるもしれません💦

着色?虫歯?黄ばみ?お薬の影響??etc‥
歯の表面の黒ずみには様々ありますが、

今日は着色についてお話ししていきます。

着色とは、
唾液から作られる※ペリクルという歯の表面の薄い膜があり、虫歯菌が出す酸から歯を守ってくれる一方で、
ペリクルに含まれるタンパク質、カルシウム、銀イオンが食品の色素物質と化学反応を起こす事によって
沈着していきます。

歯に付きやすいといえば、コーヒー、紅茶、カレー、赤ワイン。
着色はポリフェノールやタンニンが含まれているものがほとんどです。

ほかにも意外かもしれませんが、
チョコレート、プルーン、バナナや大豆製品も
沈着しやすい食品になります。

もちろん、タバコも大敵です!

一度付いてしまった
着色は歯ブラシでは落ちづらいので、
研磨剤の入っていないホワイトニング効果のある
歯磨き粉がオススメです♪

それでも落ちないという方は、
歯科医院でのクリーニングも効果絶大です!
大体の着色は1日で落とすことができますし
歯の表面がツルツルになり
お口の中のサッパリした感覚も
気持ちが良いと思いますよ

詰め物が取れたら??

突然ですが、ご飯を食べてる時やフロスをした時、
歯の詰め物がとれてしまった事はありませんか?

思い当たる方もいるのではないでしょうか?
痛みがないからと放置していませんか?
放置してしまうと後々取り返しがつかないことになるかもしれません。

◆原因◆
詰め物がとれてしまうのは接着剤の劣化や、たまたま硬いものを食べたから、というだけではありません。
多くは詰め物と歯の隙間から虫歯がはじまり、詰め物の中を腐敗させてしまいます。
痛みはあまりでないことが多いのも特徴です。
そのため、詰め物が取れてから歯医者に来た時には虫歯が進んでる場合があります。

進行がすすむと歯を溶かしてしまうこともあり、修復不可能になってしまい、抜歯になってしまう可能性もあります。
そうならない様にも
詰め物がとれたときはなるべく早めに受診するようにしましょう🔍
助手 高野

フッ素は本当にむし歯にきくの??

こんにには!歯科衛生士の平田です🌼

普段、定期検診やクリーニングにきてくださった方にフッ素を塗っていますので、今回はフッ素の効果についてお話しようと思います😊

フッ素は歯の質を強くする効果と、むし歯の原因菌が酸を出すのを抑えるという2つの予防効果があります。歯がはえてすぐ、表面のエナメル質のハイドロキシアパタイト結晶がフッ素に触れるとフルオロアパタイト結晶に変わります。見た目は同じですがフルオロアパタイト結晶は、酸に溶けにくく、むし歯にもなりにくいという性質があります!

また、フッ素には小さいむし歯の部分にカルシウムの結晶をぬくり、初期むし歯を治してくれる『再石灰化作用』という働きがあります。

歯の表面では、食事のたびに脱灰と再石灰化が行われています。毎日のブラッシング時にフッ素を補給することで酸に負けない強い歯を作ることができます。
むし歯の予防対策にはフッ素の力が一番効果的だと考えられています!

なので、普段からフッ素入り歯磨き粉をご使用ください。定期検診やクリーニング後には歯磨き粉に含まれるフッ素よりも、より効果のある高濃度のフッ素を塗らせていただいています。
ぜひ、クリーニングで綺麗になった歯に塗布してよりむし歯に強い歯を一緒につくりましょう!!

❄️矯正日のお知らせ❄️

矯正日のお知らせ
2月
2日(土)9時~12時30分
20日(水) 16時~19時

3月
2日(土)9時~12時30分
20日(水)16時~19時

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。