コンポジットレジンとは?

小さなむし歯治療ではよく「コンポジットレジン修復」と呼ばれる方法で詰め物をすることがあります。この治療方法は保険治療で天然歯と同じような色で修復することが可能です。今回は「コンポジットレジン」について詳しく解説します。

コンポジットレジンとは


コンポジットレジンとはプラスチックとセラミックの粒子(フィラー)が混ざった素材の詰め物のことです。略称では「CR」とも呼ばれており、さまざまな症例に適用するため歯科医院ではよく用いられています。

コンポジットレジンの適応症例

コンポジットレジンには以下の症例によく使用されています。

・小さなむし歯治療
・変色した歯の修復
・歯の形態修正
・審美性の回復

小さなむし歯治療によく用いられますが、欠けたり変色したりした歯の修復をすることが可能です。また金属の部分をコンポジットレジンに置き換えたり咬耗した歯を修復したりとさまざまな症例に使用することができます。

メリット

コンポジットレジンには以下のようなメリットが挙げられます。

・保険適用のため安価
・金属アレルギーの心配がない
・審美性が良い
・治療時間が短い

コンポジットレジンは保険適用になるため安価で治療を受けることができます。なお当日に充填することができるため他の治療と比較しても、短い時間や治療回数も少ない傾向にあります。またコンポジットレジンは白い詰め物のため審美性が良く、天然の歯と同じような色調にすることが可能です。もちろん金属は使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

デメリット

コンポジットレジンには以下のようなデメリットが挙げられます。

・変色することがある
・欠けたり割れたりすることがある
・使用できない症例がある

コンポジットレジンにはプラスチックが含まれているため長く使用すると変色することがあります。また金属やセラミックと比較すると強度がやや劣るため欠けたり割れたりすることも。そのためむし歯が大きいところには適用せず、この場合はセラミックや銀歯の詰め物で修復する必要があります。

コンポジットレジンの治療の流れ


ここでは治療方法の流れについて紹介します。コンポジットレジンの治療は以下のような流れで治療することが多いです。

①検査
②古い修復物やむし歯の除去
③接着剤の塗布などの歯面処理
④コンポジットレジンの充填
⑤光照射
⑥形態修正

①検査

はじめにレントゲン撮影を行い、お口の中の状態を確認し、治療計画を立てます。

②古い修復物やむし歯の除去

古い修復物がある場合はそれを丁寧に除去し、むし歯の場合はむし歯のところだけ取り除いていきます。

③接着剤の塗布などの歯面処理

除去が終えたら、歯とコンポジットレジンを付けるために歯面処理を行います。これはエッチングによる酸処理と接着剤の塗布など歯の状態に合わせて行うことが多いです。

④コンポジットレジンの充填

歯の色に合わせて適切なコンポジットレジンを充填します。この際に空気が入ってしまうと精度が劣ってしまうため慎重に行います。

⑤光照射

充填後は特殊な光でコンポジットレジンを固めます。充填した深さにもよりますが、3~10秒ほど光を当てることが多いです。

⑥形態修正

コンポジットレジンでは少し高めに充填しているため噛み合わせの調整を慎重に行い、形態を整えて最後は研磨して仕上げます。

最後に

コンポジットレジンは以前よりも耐久性や強度といった性能が向上しており、適用症例の幅も広くなりました。ただ症例により適用しない可能性もあります。コンポジットレジン修復が適用するかどうかは歯科医師による診査・診断が必要です。コンポジットレジンが気になる方は南烏山IS歯科クリニックにご相談下さい。

歯を失ったときの治療方法は?

むし歯や歯周病、思わぬ事故によって歯を失ってしまうことがあります。歯を補う治療にはどのような方法があるか知らない方も多いです。それぞれの治療にはメリット・デメリットがあり、予備知識として治療方法を知っておくことは大切なことです。今回は歯を失ったときの治療方法と併せて選び方のポイントを紹介します。

歯を失ったときの治療方法


歯を失ったときに補うためには以下のような治療方法が挙げられます。

・ブリッジ
・インプラント
・入れ歯

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、それらに橋をかけるように被せ物をする治療方法です。素材により保険適用するものと自由診療のものがあります。前者では銀歯になるため目立ちやすいですが、費用を抑えられるメリットがあります。後者ではセラミックなどの白い被せ物をするため、お口を大きく開けても目立ちにくいです。ただ自由診療になるため費用は高額になります。どちらも固定式のため違和感も少なく、しっかり噛むことができます。

インプラント

失った歯の顎の骨に「インプラント体」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療方法です。インプラント治療の最大のメリットは自分の歯のように噛むことができ、なおかつ審美性に優れていることです。ただ保険適用にならないため費用は高額になることと、手術を必要とするため少なくとも心身に負担を与えてしまうことがデメリットとして挙げられます。

入れ歯

入れ歯はブリッジやインプラントができない症例でも失った歯を補うことができます。入れ歯のメリットは取り外しができるため常に清潔に保つことが可能です。ただ慣れるまでは噛みにくかったり、ブリッジやインプラントと比較すると審美性は劣ってしまったりすることがデメリットとして挙げられます。

治療を選択するときのポイント


上記では歯を失ったときの治療方法について解説しました。ただ実際に治療を選択するとなると迷う方もいるでしょう。治療で後悔しないためにも選択するときのポイントを解説します。

・ご自身でも情報収集をする
・納得するまで歯科医師に相談する
・治療方法をよく比較する

ご自身でも情報収集をする

治療を勧められてもよくわからなかったり治療に対して不安を持ったりすることはあるでしょう。その場合はご自身でも情報収集をすることをおすすめします。なぜなら治療に関心がないと納得した治療は受けられないためです。情報収集の方法にはインターネット検索が挙げられますが、その場合は信頼できるサイトを閲覧するようにしましょう。なお担当の歯科医師から十分な説明を受けることも良い方法と言えます。

納得するまで歯科医師に相談する

治療で迷ったり不安があったりする場合は、遠慮せずに歯科医師に相談しましょう。これは患者様が後悔しないためにも大切なことです。例えば「インプラントはよくわからない治療だからブリッジを選択したけれども、後になってインプラントにすれば良かった」ということがあります。このような場合ブリッジのために削ってしまった歯は元には戻りません。後悔しないためにも、わからないことは質問し、納得したうえで治療の選択をしましょう。

治療方法をよく比較する

先述で歯を失ったときの治療方法にはブリッジ・インプラント・入れ歯があると解説しました。どの治療方法にもメリット・デメリットはあり、費用や治療期間もそれぞれ異なります。これらの治療方法をよく比較し、検討することで適切な治療方法の選択ができるでしょう。

当医院のインプラント治療の位置づけ


インプラント治療は歯を補う治療方法の一つです。自分の歯のように噛めるメリットがあるため選ばれることが多い治療方法でもあります。一方で、保険が適用しない自由診療のため高額な治療になりがちです。そのため一部の歯科医院では強引にインプラントを勧めてくることも。南烏山IS歯科クリニックでは患者様の利益になると判断した場合にインプラント治療を勧めています。歯を失って治療方法の選択に悩まれている方はお気軽にご相談ください。

矯正日のお知らせ🍠🍠

矯正日のお知らせです!
10月2日(土)9:00〜12:30
10月20日(水)16:00〜19:00
11月13日(土)9:00〜13:00
11月17日(水)16:00〜19:00
ご不明の点がありましたら、お気軽にお申し付け下さい。