コンポジットレジンとは?

小さなむし歯治療ではよく「コンポジットレジン修復」と呼ばれる方法で詰め物をすることがあります。この治療方法は保険治療で天然歯と同じような色で修復することが可能です。今回は「コンポジットレジン」について詳しく解説します。

コンポジットレジンとは


コンポジットレジンとはプラスチックとセラミックの粒子(フィラー)が混ざった素材の詰め物のことです。略称では「CR」とも呼ばれており、さまざまな症例に適用するため歯科医院ではよく用いられています。

コンポジットレジンの適応症例

コンポジットレジンには以下の症例によく使用されています。

・小さなむし歯治療
・変色した歯の修復
・歯の形態修正
・審美性の回復

小さなむし歯治療によく用いられますが、欠けたり変色したりした歯の修復をすることが可能です。また金属の部分をコンポジットレジンに置き換えたり咬耗した歯を修復したりとさまざまな症例に使用することができます。

メリット

コンポジットレジンには以下のようなメリットが挙げられます。

・保険適用のため安価
・金属アレルギーの心配がない
・審美性が良い
・治療時間が短い

コンポジットレジンは保険適用になるため安価で治療を受けることができます。なお当日に充填することができるため他の治療と比較しても、短い時間や治療回数も少ない傾向にあります。またコンポジットレジンは白い詰め物のため審美性が良く、天然の歯と同じような色調にすることが可能です。もちろん金属は使用しないため金属アレルギーの心配もありません。

デメリット

コンポジットレジンには以下のようなデメリットが挙げられます。

・変色することがある
・欠けたり割れたりすることがある
・使用できない症例がある

コンポジットレジンにはプラスチックが含まれているため長く使用すると変色することがあります。また金属やセラミックと比較すると強度がやや劣るため欠けたり割れたりすることも。そのためむし歯が大きいところには適用せず、この場合はセラミックや銀歯の詰め物で修復する必要があります。

コンポジットレジンの治療の流れ


ここでは治療方法の流れについて紹介します。コンポジットレジンの治療は以下のような流れで治療することが多いです。

①検査
②古い修復物やむし歯の除去
③接着剤の塗布などの歯面処理
④コンポジットレジンの充填
⑤光照射
⑥形態修正

①検査

はじめにレントゲン撮影を行い、お口の中の状態を確認し、治療計画を立てます。

②古い修復物やむし歯の除去

古い修復物がある場合はそれを丁寧に除去し、むし歯の場合はむし歯のところだけ取り除いていきます。

③接着剤の塗布などの歯面処理

除去が終えたら、歯とコンポジットレジンを付けるために歯面処理を行います。これはエッチングによる酸処理と接着剤の塗布など歯の状態に合わせて行うことが多いです。

④コンポジットレジンの充填

歯の色に合わせて適切なコンポジットレジンを充填します。この際に空気が入ってしまうと精度が劣ってしまうため慎重に行います。

⑤光照射

充填後は特殊な光でコンポジットレジンを固めます。充填した深さにもよりますが、3~10秒ほど光を当てることが多いです。

⑥形態修正

コンポジットレジンでは少し高めに充填しているため噛み合わせの調整を慎重に行い、形態を整えて最後は研磨して仕上げます。

最後に

コンポジットレジンは以前よりも耐久性や強度といった性能が向上しており、適用症例の幅も広くなりました。ただ症例により適用しない可能性もあります。コンポジットレジン修復が適用するかどうかは歯科医師による診査・診断が必要です。コンポジットレジンが気になる方は南烏山IS歯科クリニックにご相談下さい。

歯を失ったときの治療方法は?

むし歯や歯周病、思わぬ事故によって歯を失ってしまうことがあります。歯を補う治療にはどのような方法があるか知らない方も多いです。それぞれの治療にはメリット・デメリットがあり、予備知識として治療方法を知っておくことは大切なことです。今回は歯を失ったときの治療方法と併せて選び方のポイントを紹介します。

歯を失ったときの治療方法


歯を失ったときに補うためには以下のような治療方法が挙げられます。

・ブリッジ
・インプラント
・入れ歯

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、それらに橋をかけるように被せ物をする治療方法です。素材により保険適用するものと自由診療のものがあります。前者では銀歯になるため目立ちやすいですが、費用を抑えられるメリットがあります。後者ではセラミックなどの白い被せ物をするため、お口を大きく開けても目立ちにくいです。ただ自由診療になるため費用は高額になります。どちらも固定式のため違和感も少なく、しっかり噛むことができます。

インプラント

失った歯の顎の骨に「インプラント体」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療方法です。インプラント治療の最大のメリットは自分の歯のように噛むことができ、なおかつ審美性に優れていることです。ただ保険適用にならないため費用は高額になることと、手術を必要とするため少なくとも心身に負担を与えてしまうことがデメリットとして挙げられます。

入れ歯

入れ歯はブリッジやインプラントができない症例でも失った歯を補うことができます。入れ歯のメリットは取り外しができるため常に清潔に保つことが可能です。ただ慣れるまでは噛みにくかったり、ブリッジやインプラントと比較すると審美性は劣ってしまったりすることがデメリットとして挙げられます。

治療を選択するときのポイント


上記では歯を失ったときの治療方法について解説しました。ただ実際に治療を選択するとなると迷う方もいるでしょう。治療で後悔しないためにも選択するときのポイントを解説します。

・ご自身でも情報収集をする
・納得するまで歯科医師に相談する
・治療方法をよく比較する

ご自身でも情報収集をする

治療を勧められてもよくわからなかったり治療に対して不安を持ったりすることはあるでしょう。その場合はご自身でも情報収集をすることをおすすめします。なぜなら治療に関心がないと納得した治療は受けられないためです。情報収集の方法にはインターネット検索が挙げられますが、その場合は信頼できるサイトを閲覧するようにしましょう。なお担当の歯科医師から十分な説明を受けることも良い方法と言えます。

納得するまで歯科医師に相談する

治療で迷ったり不安があったりする場合は、遠慮せずに歯科医師に相談しましょう。これは患者様が後悔しないためにも大切なことです。例えば「インプラントはよくわからない治療だからブリッジを選択したけれども、後になってインプラントにすれば良かった」ということがあります。このような場合ブリッジのために削ってしまった歯は元には戻りません。後悔しないためにも、わからないことは質問し、納得したうえで治療の選択をしましょう。

治療方法をよく比較する

先述で歯を失ったときの治療方法にはブリッジ・インプラント・入れ歯があると解説しました。どの治療方法にもメリット・デメリットはあり、費用や治療期間もそれぞれ異なります。これらの治療方法をよく比較し、検討することで適切な治療方法の選択ができるでしょう。

当医院のインプラント治療の位置づけ


インプラント治療は歯を補う治療方法の一つです。自分の歯のように噛めるメリットがあるため選ばれることが多い治療方法でもあります。一方で、保険が適用しない自由診療のため高額な治療になりがちです。そのため一部の歯科医院では強引にインプラントを勧めてくることも。南烏山IS歯科クリニックでは患者様の利益になると判断した場合にインプラント治療を勧めています。歯を失って治療方法の選択に悩まれている方はお気軽にご相談ください。

唾液ってすごい!

こんにちは。歯科衛生士の松本です。

今回は唾液についてです☆
唾液はさまざまな作用があることで知られています。

まず、口のなかの食べ物などを洗い流す
浄化作用
唾液中の抗菌物質が虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑制する
抗菌作用
そして歯の表面のエナメル質を修復する
再石灰化作用
などがあります!

ほかにも、消化作用や解毒作用など、唾液の力って実はスゴイのです!!

唾液は噛むことで分泌が促進されます(^^)
食事の時は、飲み物で流し込むのではなく、できるだけよく噛むようにしましょう☆

ガムを噛むのも効果的です!

日ごろ噛むことで唾液の分泌が刺激されると言われますので、よく噛み、唾液をたくさん出せるよう心がけましょう!

自分の親知らずどうなってますか?

こんにちは!歯科衛生士の松本です☆

 

 

県外に住んでおり、長い休みになる度に定期的に
来院される患者さん

今回、口の中を見てみると今までより

目立った汚れもなく、ブラッシングは良好でした!

 

話を聞いてみると、

親知らずを抜いてからブラッシングが楽になったとのこと…

前回、親知らずが虫歯になっていたので

上の左右の親知らずを抜きました。

 

親知らずがあったときは親知らずを磨くのに

必死で他はザッとになっていたから…

とおっしゃっていました。

何でこんなに親知らずにこだわっていたのか…

早く抜けば良かった…

ともおっしゃっていました。

 

親知らずは一番奥に生えており、

ブラシが届きにくく磨きにくい歯です>_<

なので
虫歯や歯周病になりやすい歯でもあります。

 

 

この患者さんのように親知らずを抜いたことにより、

全体のブラッシングが良くなるコトもあります!!

 

自分の親知らずどうなっていますか?もし不安があれば一度診察しましょう☆

 

噛むことの大切さ

こんにちは、歯科医師の小川です。

梅雨の時期が来てしまいましたね。今回は噛むことの大切さについてお話します。

私たちはとくに意識することなく、毎日歯で食べ物を噛んでいます。噛むことは食物を細かく砕くための行為ですが単にそれだけではありません。認知症の予防になったり、プロポーションの維持につながったりします。よって歯の健康だけではなく、身体全体のために良く噛むように心がけましょう。

歯茎さがっていませんか?

 
こんにちは☆
歯科衛生士の松本です。
先日久しぶりに来院された
患者さんの歯に
虫歯が出来ていました。

IMG_6537
前歯と奥歯で部位は
違いましたが
歯茎が下がって歯の根っこが
露出した部分が虫歯に!

元々歯茎に隠れていた
歯の根っこの部分は
質が弱く虫歯になりやすいのです>_<

IMG_6538
歯茎は加齢や歯周病、噛み合わせ
ブラッシング圧が強すぎるといったことが原因で
下がってくることがあります。
歯茎が下がると歯がしみたり
虫歯になりやすくなって
しまうので、自分の歯茎が
下がっていないか鏡で
チェックしてみましょう!
他の歯と比べて歯ぐきの
ラインが下がっているところは
ありませんか?
歯の根元が黄色っぽく
なっているところは?

もしあれば歯ぐきが下がっている
かもしれません!!!
歯医者さんで定期的に
チェックしてもらいましょう☆

 

レントゲン写真

こんにちは。歯科医師の方倉です。
今当院にはこのような可愛い看板が置いてあります。

 

IMG_1854

あんなことやこんなことが、本当にわかるのです。
歯と歯の間の見えづらい所の虫歯
歯を支えている周りの骨が下がっている
はえきっていない親知らず
根の先に溜まっている膿
..などさまざまな情報が映し出されます。
歯科治療には欠かせないものなのです。

診療の際、レントゲン写真をモニターに出して説明をしていますが、気になる所などがありましたら遠慮なく聞いてくださいね^_^

スポーツドリンクとむし歯について

こんにちは、歯科医師の小川です。
ゴールデンウィークが終わり、気温もだんだん高くなってきましたね。
だんだん暑くなってくるとミネラルやビタミン、水分不足になり、熱中症になりやすくなります。
そこでスポーツドリンクを飲んで水分補給すると思いますが、健康的なイメージが強いスポーツ飲料は、大人には効果的かもしれませんが、乳幼児に与える時は注意が必要です。
むし歯は、口腔内環境のPHが5.7以下の酸性度になると歯の表面に酸が付着して、エナメル質を溶かす現象が起こります。したがってスポーツ飲料を持続して飲み続けると歯の表面が少しずつ溶けてしまいます。スポーツ飲料には、糖分量が多く含まれているので、ダラダラ飲まないように注意しましょう。

妊娠性歯肉炎について

こんにちは♪歯科衛生士の早川です。

すっかり暖かくなり、今週はお天気も回復しそうですね。

花粉症の皆さんはもう少しですね。頑張りましょう✊

さて、今日は妊娠性歯肉炎についてお話ししたいと思います。

俗に、妊娠すると歯が悪くなると言われていますが、
しかし、それは正しくありません。

妊娠すると、身体に様々な変化が現れます。
お口の中も例外ではなく妊娠5週~20週頃から、ホルモンの分泌が盛んになります。
このホルモンを好む細菌が増えることにより歯肉が腫れやすくなります。

それに加え、つわりで思うように歯を磨けなかったり、間食回数が増えたりと。。

お口の中が不衛生になりやすい方も多く見られます。

出産後、ホルモンのバランスが落ち着くと治りますが、お口のなかを不潔にしていくとそのまま歯周病に移行しますので、注意が必要です。
image

必ずしも歯肉炎になるとは限りませんが
日頃から歯磨きしっかり行えば妊娠性歯肉炎を防ぐことができます。

そしてもうひとつ、

『歯周病にかかっている妊婦さんは未熟児出産や早産を引き起こす可能性が高い』事があげられます。

赤ちゃんはお母さんの揚水の中にある
『プロスタダラジン』という物質が一定になったときに生まれます。
ところが
歯周病菌の一種が血管内に入ると、女性ホルモン量が約3倍に増加し
プロスタダラジンが急激に増えて母体は
準備が出来たと勘違いをしてしまい、
GOサインを出してしまいます。

そうして子宮が収縮して早産を引き起こすのです。

最後は少し怖い話になってしまいましたが、
妊娠された方は、
体調が落ち着いたら、お口の中のチェックをしに
歯医者に是非お越しください✨

磨けないところは私たちがお掃除しますので、
是非ご連絡をお待ちしております。

歯ぎしりについて

こんにちは、歯科医師の小川です。

4月に入り、生活環境ががらっと変わった方もいらっしゃるのではないですか?

そこで歯ぎしりについてです。

原因は、精神的なストレスや噛み合わせのズレがあります。

治療方法としては、ナイトガードを装着すると歯の接触が緩和されて楽になることがあります。

家族や友人に「歯ぎしりしてるよ」と言われたことがある方は、一度来院して口腔内の確認してもらうことも必要かと思います。